私、

島田 光

は 4万キロ 歩んで来た

 

 

第一幕 〜 若かりし頃 〜

女の子みたいと言われた幼少期。その頃から運動神経は抜群だった。
喘息を治すため始めた水泳は小6までの8年間続け、小3の時に友達に誘われ地元の野球チームに入った。
小学生特有の性質である、足が速い人がモテる理論で私はかなりモテていた。
勉強もそつなくこなすスーパー小学生だった。

 

 

 

 

第二幕 〜 人間形成 〜

中学ではトレードマークの長い髪を坊主にし、野球部に入部した。
こんな丸刈りの私だったが、3人の方とお付き合いをした。
練習が嫌で嫌で毎日サボることばかり考えたが、結局一度もズル休みはしなかったと思う。ただし、練習中は先生の見てない所でうまーく手を抜いていた。
この中学時代の部活、恋愛、また受験、友達関係によって大まかな私の人格が確立された。

 

 

 

 

第三幕 〜 転換期 〜

高校時代の楽しい思い出はたくさんある。しかし、なんとなくうまくいかなかったな、という念が押し寄せてくる。
原因は主に恋愛だということは分かっている。
いわゆるリア充でここまで来てたのに、急にぱったりリア充でなくなった。
好きな人はいたが思いが実ることはなく付き合ったのはわずか2回。1回目は1カ月、2回目は1週間という短さ。
最早何も言えない。
だからこそ勉強に集中できたのかは知らないが、恋愛ベクトルは 2π/3 回転した。

 

 

 

第四幕 〜 12739 × 3.14 〜

私は今は理科大生。バイトやらレポートやら遊びやらで家にいる時間と外にいる時間の比は 3:7 。
これまでに無いほどの刺激を受けまくっている最中だ。
親戚に、本当に大人になったな と言われた。
私も自分で自分の心の成長を感じている。
そんな私は今再びスタートをきったのである。

地球1周4万キロを移動してもう1周し始めた所である。

18年間で地球1周分の経験をした。次は何年かけて一周するのだろうか。

 

 

〜 後書き 〜

この様な形で自己紹介を書くつもりは無かったが、なぜか頭の中にこの構成が多い浮かんだのだ。
ここには当時を振り返った今の私の感情が綴られている。
主観ばかりが書かれていて意味のわからない部分がほとんどだと思う。理解しろと図々しいことは言わない。
だが、どうか頭の中で一旦私のこの表現を巡っていただけたらと存じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です