こんにちは! YU です!

 

今回は

 

価値あるサークルの紹介

です!

専修大学には、たくさんの団体やサークルがあるのですが、
その分せっかく意味のある活動をしていたり、面白そうな活動をしているのにも関わらず、なかなかその活動が気づかれていない団体があることに気づきました。

そこで、そういった団体の活動を少しでも広めたいと思い、この「価値あるサークルの紹介」シリーズでは、Build Ageが少しでも「もっと知ってほしい!」と思った団体を直撃インタビューをして、どんどん広報していきます!!

 

そして、その第一号として私たちが選んだのは、、、、

 

手話サークル いろは 

さんです!

いろはさんは専修大学の公認サークルです。   

活動日は、毎週月曜日の5,6限の時間。
場所は、8号館にて現在12人のメンバーで活動を行っている

   

  ので、少しでも今回の記事を読んで興味の湧いた方は是非参加を検討してみてはどうでしょうか!

 

さっそく、代表の髙橋結希さんに直撃インタビューをしてきました!


こんにちは!
いきなりTwitterで連絡してしまったのにも関わらず、取材に応じてくれてありがとうございます。

本日はよろしくお願いします!

こちらこそ、ありがとうございます。
よろしくお願いします。


早速ですが、現在手話サークルさんではどのような活動を行なっているのでしょうか?

私たちはゲームや音楽を通してメンバー内で手話の勉強をしています。
また、黒門祭や鳳祭などのイベントで音楽に合わせて手話をするパフォーマンスなども行っております
最近では、中学校から手話を教えてほしいという依頼が来たり他大学と交流したりもしています。

おおお!
大学内だけでなく、中学校や他大学との交流も盛んなんですね!






サークルの雰囲気をどんな感じでしょうか?

みんな仲良く、楽しくやっています!

たしかに、すごい楽しそうな雰囲気!

具体的な活動目的というものはありますか?

メンバー全員が日常会話を習得することで、聴覚障害をお持ちの方とお話ができるようになるのが理想的です!

英語を習得することで外国の方とお話ができるあの感覚に似てますね!

しかも、聴覚障害をお持ちの方とのコミュニケーションを通じて、自分の勉強した成果が実際にわかるというのはすごいモチベーションになる気がします!
(英語を勉強してもなかなか国内でその成果を実際に試せる機会は少ないしなぁ)








なんだか、僕も手話勉強したくなってきたのですが、手話が上手かそうではないかはどのようにして決まりますかね?

私は聴覚障害をお持ちの方の言いたいことをうまく理解できるかというのが一つのポイントだと思います。

まず、英語のように単語をどれだけ覚えているのかが重要です。
次に聴覚障害といっても軽度から重度まで障害にはいくつかのレベルがあります。

よって、ボディランゲージを使えたり、話し手の情景描写を汲み取る能力が必要になってきます。

手話と聞くとやはり難しいイメージがあるのですが、実際はどうですか?

最初は難しいと感じるかもしれませんが、手話を覚えていくと楽しいですし面白いです
手話はある種の言語なので、覚えることで今までコミュニケーションを取れなかった人とも会話をしたり、助けが必要ななひとのお手伝いもできるようになります。

なるほど。
確かに、みなさんとても楽しそうです!



最後の質問になります。いろはさんではどのような人を募集してるか教えてください!

手話と聞くと難しいというイメージがあるかもしれませんが、ゲームや音楽と一緒に学習をしていきますので、ちょっとでも興味がある方は是非来てほしいです!

本日は本当にありがとうございました!
手話サークルだけでなく、手話そのものの魅力についてもたくさん知ることができました!

また、追加で伝えたいことなどあれば別途連絡してください!

はい!
是非、よろしくお願いします!
こちらこそありがとうございました!






所感

インタビューに行く前、自分の手話サークルはリーダーが手本を見せてみんなでまねるという固いイメージがありました。

しかし、実際にインタビューに行くと音楽を流しながら歌詞に合わせて手話をするなど楽しそう!というのが第一印象でした。手話技能検定を取得し、聴覚障害者の役に立ちたいという目標を持ち、日々励んでいるメンバーもおり、目的をもって楽しんで学習してて素敵だなと思いました。

そんな素敵な方たちと一緒に手話を楽しく学習したい方は是非いろはさんを訪れてみては!

活動日は、毎週月曜日の5,6限の時間、場所は8号館ですよ!!

こんな感じで価値あるサークル紹介第一号のインタビューを終えたのですが、普段関わっている方たちとはまた違ったベクトルの方たちと出会え、自分の普段考えていることと違った視点を得ることができた素敵な経験となりました。

これからも続けて価値ある団体や個人にフォーカスしてインタビューを行って紹介していきたいと考えております。お楽しみに!!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です